幼稚園の子どもに習わせたいスポーツとそのメリット

こどもの可能性を広げる子育て支援サイト

何故幼児期にスポーツを習うべきなのか

習い事の目的はこどもの人生の可能性を広げる事こそが本分であり、どのような形であれこどもの血となり肉とならなければ、習い事の本質的な意味からは遠のいてしまいます。

かといって、子供の将来を見越し、将来に役立ちそうな習い事や大成した際のリターンが大きい習い事を選べばいいのかと言えばそうではなく、こどもの好奇心と自主性を尊重した上で、習い事を選ばなければ、結局こどもの血肉にはなり得ません。

つまり、こどもの習い事を選ぶに当たっては、こどもの好奇心と自主性こそが最も重んじられる要素に他ならず、一見すると実用性が低そうな習い事であっても、こどもが自主的にものごとに取り組む過程で身に付く、集中力や自己表現力のような技術以外の素養を高めることは大いに期待でき、こどもの人生の可能性を広げるために十分に役立つのです。

とは言え、こどもにいきなり習い事、取分けスポーツを習わせるのは、不安があるかも知れませんね。

そこで、習い事を本格的に始める前にこどもに学ばせたいものが、体を動かすための基礎トレーニングで、自分自身の体を動かしたいと思った通りに動かすことを旨としたこのトレーニングは、身体能力の向上に留まらず、運動の勘を磨くことが出来るため、運動能力の総合的な底上げを期待でき、怪我のリスク抑制効果も期待できることから、本格的なスポーツ系の習い事へ通う前に、学ぶことによって、よりスポーツ系の習い事を身に付けやすくなる可能性が高まるでしょう。

TOPへ戻る