幼稚園の子どもに習わせたいスポーツとそのメリット

こどもの可能性を広げる子育て支援サイト

>

こどものための習い事探しとスポーツを習う前の基礎トレーニング

幼児期にスポーツに取り組む意義

肉体的にも精神的にも未発達な幼児期において、スポーツを生活の中に組み込むことは、心身の発達を促すという点で、未発達過ぎる乳児期や成長がアイデンティティの確立にまで至った青年期、幼児期と青年期の中間にあたる児童期や学童期から始めるよりも効果が見込めることから、スポーツを習い事にすることによりこどもの成長を促すのであれば、幼児期に始めるのが最適となります。

心身両面で幼児期からの開始が最適とされるのは、成長状況とマッチしているという点に留まらず、肉体的な面でみると身体能力の基礎部分が構築される時期に当たり、運動の勘のようなものを掴みやすくなる点と自意識の構築にあたって不特定多数の第三者との関わりが少なからず影響する点も含んでのものです。

幼児期からスポーツを学ぶメリット

幼児期から習い事をこどもに習わせることをお考えの保護者の方は、少なからずおられるでしょうが、習い事の選択肢としてポピュラーなスポーツをお考えでしたら、習い事でスポーツを学ぶことによってこどもが得られる利益に、実益を伴い成長につながるメリットと実益を伴わないものの、こどもの成長につながるメリットの二種類があることを理解しておくべきでしょう。

双方のメリットを挙げると、実益を伴うメリットはスポーツによる身体能力の向上とスポーツを学ぶ過程や競技によって培われる精神性が主となり、実益に直結しないメリットとして、スポーツに限らず、自分で興味を持ったものに阻害されることなく取り組むことが出来たという確固たる事実が確立され、保護者から自身を尊重されたという事実がアイデンティティの確立を促します。


この記事をシェアする
TOPへ戻る